まるてんぼう歴史

まるてんぼう一家9人の作家たち (父、母、4女3男の家族)

  • 古祖父谷 今吉 (こそぶやこんきち)1986
  • 祝地村 (ほうぎむら)1994
  • 大日印 (だいにちじるし)1997
  • 萱野 (かやの)1999
  • 白滝 (しらたき)2006
  • 古祖父 (こそぶ)2005
  • 花見 (けみ)2007
  • 日向 (ひなた)2010
  • 一印  (はじめしるし)2012

 

1943 静岡県生まれ 古祖父谷 今吉(内野 隆夫)
1986 名古屋   本山にて父、古祖父谷 今吉 ( こそぶやこんきち・作家名 ) が 脱サラから独学で 「手づくり1点もの創作デニム」のまるてんぼうをスタート。
1991 名古屋「ギャラリー安里」にて初 個展。
工房住居を長野県塩尻市に移す。
1993 信州博覧会 ’93アルプスシンフォニーに個人参加展示。
1994 妻 祝地村(ほうぎむら・作家名)が創作スタート。
1995 雑誌 小学館「DENIM」に取り上げられる。
1997 長女 大日印(だいにちじるし・作家名)14歳で作家デビュー。
●親子展
1999 次女 萱野(かやの・作家名)14歳で作家デビュー。
2005 長男 古祖父(こそぶ・作家名)が愛知県有松で染色修行を始める。
●父 古祖父谷 今吉 文化服装学院のゲスト講師を務める。
 

2006

 

 

花見(四女)13歳で創作を始める

三女 白滝(しらたき・作家名)18歳で創作を始める。

2007 四女 花見(けみ・作家名)15歳で作家デビュー。
●初の「四姉妹展」を名古屋ギャラリー安里にて開催。
2009 東急リゾートタウン蓼科に工房&ギャラリーを開設。
2010 次男 日向(ひなた・作家名)15歳で作家デビュー。
2011 ●蓼科東急リゾートタウン内に工房を移転オープン。
東日本大震災を機に「元気なデニム」展をスタート。
2012 三男 一印(はじめじるし・作家名)15歳で作家デビュー。末っ子の一印のデビューにより、 家族9人による家族ブランド「まるてんぼう」が新たにスタートをきる。
●長野県富士見町「八ヶ岳・カントリーキッチン」敷地内に富士見工房をオープンする。
2013 「松坂屋名古屋店」展   開催。
2014 「まるてんぼう」、ロゴマーク「手づくり 1 点ものデニム」他 2 柄 「商標」取得。
●富士見工房隣にまるてんぼうの新しいデニムの発信店舗「3POINT」開設。
2015

 

2017

 

 

 

渋谷 Bunkamura Box Gallery 初展示会。

●30 周年に向け、「手づくり 1 点もの創作デニム」を進行中。

  • 山梨県に小淵沢店 工房&店舗 開設。(長野県蓼科店、富士見店を統合移転)

・東京 青山 ( ギャラリー塩津村 )
・品川 ( 新高輪プリンスホテル )
・銀座 ( カネボウ )
・銀座 ( ギャラリーおかりや )
・銀座 ( ギャラリーハウス )
・帝国ホテル ( 彌屋ギャラリー )
・蒲郡 ( プリンスホテル )
・名古屋 ( 松坂屋名古屋店 )
・名古屋 ( ギャラリー安里 )
・焼津 ( ギャラリー夢蔵 )
・大宮 ( ギャラリー ゼフィール )
・倉敷 ( ギャラリーはしまや )
・京都 ( ギャラリー京額 )
・京都 ( 和座百衆 )
・山梨県 ( 八ヶ岳倶楽部 )
・甲府 ( 岡島百貨店 ) 他。

1986 ~ 2015 年 年間 4 ~ 6 回のペースで各地展示会を開催。
(2015 Bunnkamura Box Gallery 第126回 )
新聞、テレビ、ラジオ、雑誌など多岐にとりあげられる。